Event is FINISHED

『なぜ私は銭湯でアートをするのか』文京浴場組合主催「6人の作家展」記念アートトーク

Description

銭湯を舞台にしたアート展「6人の作家展」記念アートトーク

〜なぜ私は銭湯でアートをするのか〜


日時:2017年10月9日(月)14:00~16:00


主催文京浴場組合


会場:大黒湯(文京区大塚3-8-6


タイムテーブル

13:30~開場

14:00~14:20  イントロ 東京の銭湯事情

14:20~15:10  5人の作家達の活動、作品紹介

15:10~15:40  パネルディスカション(なぜ私は銭湯でアートをするのか)

15:40~16:00  質疑応答 

※今回来場者のみなさまには、特製クリアファイルと入浴料200円割引券をプレゼント!!


トークゲスト
橘田龍馬(写真家)
安齋洋(美術作家)
田中みずき(銭湯ペンキ絵師)
齋藤史生(笑文字作家)
廣瀬十四三(銭湯ハンコ作家)


モデレーター
・吉田理穂(コンセプター)


概要
シェアリングエコノミーが進む昨今、みんなで使う「場」を、より大切にする傾向にあると言えます。仕事場や学校、自宅とは違う自分の場所であるサードプレイスが数多く生まれている中で、「銭湯」は市民にとって、心地よいサードプレイスとなる可能性があるのではないか裸の付き合いから始まる、人々の交流。今回のアートトークでは、5名のアーティストが「なぜ銭湯でアート?」に応えることで、「アート」「銭湯」そして「文京区」を改めて考えるきっかけに、そして日本の文化の一つ、銭湯が良いコミュニティを作ることができるのか探っていきます。


「6人の作家展」とは、
文京浴場組合は、文京区内にある豊川浴泉、大黒湯、歌舞伎湯、白山浴場、富士見湯、ふくの湯の6浴場で構成している組合です。地域のコミュニケーションを育む銭湯文化を残すために、関係皆様のご支援をいただきながら、さまざまなワークショップやイベントを開催しています。
この度、9月30日から12月3日の期間に、銭湯を舞台にしたアート展、文京の湯「銭湯ミュージアム 6人の作家展」を開催します。東京都の銭湯や文京区とゆかりのあるアーティストが6人、それぞれ文京の湯の銭湯をギャラリーにしたアートの競演です。銭湯利用者の皆達にとりまして、夢のある貴重な展覧会にしたいと思っていますので、ご協力の程宜しくお願い致します。

文京浴場組合 支部長 岡嶋登





トークゲスト紹介

●橘田龍馬(写真家)

プロフィール

ファッション広告、ファッション誌、音専誌、CDジャケット、DVDジャケットなど幅広く活動。(PARCO, EDWIN, NIKE, Yohji Yamamoto, UNITD ARROWS, WOWOW など)

2015年から写真の楽しさを伝えるために、原宿で写真のワークショップを開催している。

https://www.street-academy.com/steachers/42590



安齋洋(美術作家)

プロフィール

1984年:東京都出身 東京都在住

2007年:日本大学芸術学部 美術学科 絵画コース 卒業

2006年:初めての個展 ジェームスギャラリー(東京浜松町)

2007年:「Our Earth Time GALLERY K(東京六本木)

2008年:USA/Japan University Art School Student Competition Winners Show Caelum GalleryNY

2008年:個展 GALLERY K(東京六本木)

2010年:2010 Anzai Hiroshi Exhibition on the Gold Coast Watermark Hotel&Spa Gold Coast (Australia) その他 グループ展多数出品。近年、ロックバンドのCDアートワークや、詩集のなど、作品を元にデザインの仕事もする。




田中みずき(銭湯ペンキ絵師)

プロフィール:

1983年生まれ、文京区育ち。大学在学中に銭湯ペンキ絵師・中島盛夫氏に弟子入り。現在は夫の「便利屋こまむら」こと駒村佳和と銭湯のペンキ絵を制作している。展覧会:《田中みずき 銭湯ペンキ絵展》(まつだい「農舞台」ギャラリー、2014年)、《限界芸術百選展》(「越後妻有アートトリエンナーレ2015」、まつだい「農舞台」ギャラリー、2015年、)、《和のあかり×百段階段》展(目黒雅叙園、2016年)等。




齋藤史生(笑文字作家)

プロフィール

1964年:新潟県出身 東京都在住 現在品川区にて整体院を営む 書画家:田中太山に弟子入りし、笑文字作家として活動 テレビなどで紹介される(2015年:正直さんぽ・2016年:モヤモヤさまぁ~ず2etc)大洲コミュニティセンター(新潟県柏崎市) ダイナシティ小田原(小田原市)上越妙高駅フルサット(北陸新幹線)etcにてワークショップやイベントを行う商品パッケージロゴの依頼やTシャツデザインなどオリジナルグッズの制作販売などを行う。https://www.saito-seitai.com/



廣瀬十四三(銭湯ハンコ作家)

プロフィール

全浴連/東京都浴場組合公認スタンプデザイナー

全国浴場新聞にコラム「銭湯ハンコ絵語り」連載中(2014/6~)

銭湯オリジナルスタンプ 東京都約80軒(2017/9現在) 鹿児島県72軒

その他、銭湯関係者の似顔絵ハンコなど多数

2013年から全国各地の銭湯やイベントでハンコ作品を展示
東京都足立区在住



●モデレータ:吉田理穂(コンセプター)

プロフィール

1985生まれ 日大芸術学部卒業

卒業後、出版社に勤務して「テルマエ•ロマエ」など漫画コンテンツのプロモーションに携わる。その後、広告代理店を経て、2016年から外資系動画制作会社、2017年からIT企業でコンセプトメイク専門のコンセプターとして従事する。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#283879 2017-10-05 04:33:24
More updates
Mon Oct 9, 2017
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般枠(20名) 無料 FULL
招待枠(20名) FULL
Venue Address
〒112-0012 文京区大塚3−8−6 Japan
Organizer
「6人の作家展」記念スペシャルトークイベント
34 Followers